思う存分待ってたのに

「あー、もー。第ゼロハイパーリンク飛びてるっ。ほらっ、治すから」
「ち、違うってこれは外してるんだよ!い、いいから!ったく」
「あっ!?ひ、激しい!やっと直してあげてるのに!」
「目ざといなぁ。これくらいで」
はぁ。今朝も亭主・重道ゼロ斗とお馴染みのやり取りをしていた。
こちら・宮野真紀と亭主は小さいあたりからの幼馴染み。だけど亭主に気を報じられず、本日に差しかかる。日々一緒に登下校し、終始おんなじ年月を過ごしているのにしょっちゅうあんなトラブルばかり……。
「朝から意気込みですねぇ。両者とも」
「大智!?」
あくびを上げながらからかう青年。
……あー、此奴も私の幼馴染みだった。此奴には異性力は持ってないけど。
「お前陣はファクト中学校からかわんねーな。とっとと結婚してカップルになっちまえば?」
「そ、そんなんじゃねー!」
……そう、そんなんじゃ。
でもこちらは何とかゼロ斗の事が好きで……。
そしてこの日の放課後、こちらは大智にこういう事を相談する結果、亭主のアパートにお邪魔し、亭主の客間で相談に乗って貰っていた。けど途中で寝てしまい……。
気付けば亭主にキスされていた!?
「ひ、悪い……こちら、何とかなのに……こんな……」
「真紀……不快ならもっと拒めよ」
三人の脈絡が動き出した。こちらにとって最悪の形で……。
本作品は男性専用力作で、JKが幼馴染みの自分寝取られエッチされまくって仕舞うアナウンス。
ヒーローの真紀ちゃんは幼馴染み二人に囲まれるJK。でも、ゼロ斗の事が好きなのに報告出来ないで日々を過ごしていて、それが邪魔だった。
でもその事をいよいよ自分の幼馴染み・大智に話したら、亭主の焼きもち心に火をつけてしまい、昏睡レイ○患う。
屁理屈キスされ、舌を絡められて仕舞う。不快のに亭主に押し倒され、胸を揉まれて仕舞う。しかも衣類の前述からだけでなく、直にも揉まれ、吸われてしまい、おまけに亭主は自分で自らの代物を取り回して射○し、彼氏のスカートからブリーフにかけてぶっ引っ掛ける。
そして携帯で取り込み。やはり逆らえばこういう写メを出すと嚇し。信じていた幼馴染による手強いレイ○……
でも真紀ちゃんはそれ以上に亭主とのセック○が気持ち良くなってきてしまい、捉えまくってしまう。
実例三枚目線を見ればわかる通り、チン○はめ込みされて喘ぎまくって掛かる見た目を確かめる事が出来ます。ママの心変わりはやばいのうということでしょうか。全編精一杯色あいでこういうクォリティ、最高ですよ!
これは正邪一度、実例を読んで、いや、見てください!後悔しない質ですよ!
宮城県の不倫相談